小金体育场馆

CH EN
Vekenグループ

維科は20世紀初の寧波市三江口畔(甬江、姚江、奉化江の合流点)の「和豊紡績工場」から起源し、一世紀以上の近現代工業文明の変遷を経ち、既に百億元規模のハイテク産業投資グループに発展して来て、新素材、新エネルギー、新IoTという三つの産業に焦点を結ばせ、ハイテクへの投資、ハイテク基地の二つプラットフォームと共に、産業の核心競争力を持続的に栽培し、産業の間の協力を強化し、「3+2」という産業仕組みになっています。

自発的に国内国外のヂュアルサーキュレーション発展の構えに馴染み、グリーンエコの発展を推進し、投資及び運営の領域は主に3Ⅽデジタル電池、動力及び二次バッテリ、スマート電子商品、精密スクリーンメッシュ、カーシートファブリック、グリーンテクノロジー製造、ブランドインテリアと服装、インダストリアル・インタネット、Ai視覚、スマートチップ、情報セキュリティ、金融サービス、バルク貿易、科学技術革新産業園区、ヘルシー住宅などを含みます。傘下にあるホールディングス企業は100軒余り、株式投資企業は60軒余りです。その内、A株及びニューOTCマーケットに上場したのは20軒余りです。

中国国投高新産業投資有限会社などの中央企業と戦略的な提携関係を建て、国投創業など基金管理会社の共同管理人を担当し、基金を管理する規模は500億元に近いです。新エネルギー、2025インテリジェント製造、新しい世代のデジタルメッセージ及び自動化技術、人工インテリジェントなど先見性、戦略性のある産業領域を主に投資します。

維科は未来を向き、戦略投資、産業運営と資本運営の三つの能力を元に、管理システム、チーム仕組みと産業発展の突破を引き続き実現できて、インテリジェントテクノロジー発展のチャンスを把握し、新素材、新エネルギー、新IoTという三つの産業に焦点を結ばせ、インテリジェントテクノロジーの先導者になることに力を注ぎます。

1905

集団の起源

140+

ホールディングス企及び株投資企業

500 億

基金管理規模

発展の過程

1/4

組織構成

 資本主導、制度規範、授権経営の投資管理パターンを採用して、ホールディングス会社の面では董事会がリーダーした職能部門と事業部制の管理パターンを実施し、企業の面では企業董事会がリーダーした授権経営のパターンを採用します。

集団栄誉

企業栄誉

中国企業トップ500

中国製造業トップ500

中国民営企業トップ500

中国貿易トップ500

中国最も価値のあるブランドトップ500

浙江省企業トップ100

浙江省納税企業トップ100

寧波市製造業トップ5

寧波市優勢のある本部企業

寧波市総合企業トップ100

寧波市サービス業企業トップ50

寧波市納税企業トップ50

寧波市工業ブランド企業とトップ50

寧波市超有名大手商社

国家ハイテク産業投資のプラットフォーム

業界地位

新エネルギーバッテリー領域:3cデジタル全国トップ5

新材料網領域:中国トップ1、世界トップ5の業界先頭的な企業

インテリジェントビジュアル領域:中国先頭的なインテリジェントビジュアルデジタル会社を目指す

PE領域:PE創業投資機関のトップ50

株参加の基金:国投ハイテク基金は国有企業の中に最大な基金管理規模と最も全面的な種類のある基金投資機関の一つである。中城連盟基金ー中国国内で第一軒目のニューOTCマーケットに上場した、最大な管理規模のある不動産基金管理機関である。

株参加の証券会社:財通証券ー全国前列にあり、定増、資金管理などの業務が業界をリードする。中国基金業で金牛賞を数回も受賞しました。

社会責任

維科はずっと社会責任を核心的な価値観と見なして、「報い」、「発展」、「責任」という理念で企業、パートナー、社会、環境と生態が調和的に共生することを実現させます。